大学時代の岡山の部活動で恒例の風俗体験

わたしは中学、高校、大学とずっと岡山市の体育会系で部活動をしてきました。

何よりも印象的な記憶はなんといっても岡山の大学時代の風俗体験記です。

いろいろな恒例行事があるのです。まずは新入部員です。スポーツ推薦や一般入試で大学に入学したものには女性経験がないメンバーも結構いるのです。こうしたメンバーだけではなくかの子がいても全員、先輩のおごりで風俗店にいくことにしていました。本番ありのソープランドは岡山にはないですし、費用的にきついのですが本番なしのお店に連れて行きます。また、全く免疫のないメンバーも多い場合はまず、ストリップに行って慣らすという行事までありました。かくいう私も大学入学時はまだ童貞だったのでこのストリップもヘルスも非常に感謝しています。

彼女ができた時にも全く抵抗なく性交渉にすすめましたで。そして、恒例行事はこれだけではないのです。4年生の卒業時に岡山の居酒屋で追いコンを行うのですがここは先輩たちがカンパしてその夜には必ずといっていいほど県外のソープランドに連れて行くという行事があります。私自身も大学4年生の時に連れて行ってもらいました。また、卒業して数年は後輩の追いコンに参加しては風俗の費用をおごっていたものです。

この新入社員、卒業生の追いコンはパターンになっていましたがこれだけではなく、みな遠征時にも風俗を楽しんでいたものです。といっても試合の合間なのであまりハードなスケジュールを組めないので遠征先でストリップ小屋を探しては時間を決めてみんなでコーチや監督の目を盗んで息抜きに行ったり、遊びに行ったりしたものです。

卒業して20年近くたち、岡山県から出ましたが、さすがに遠征に行った際にこうした遊びをすることはなく、まじめに試合にだけ臨んでいると聞いてさみしいようなうれしいような感じです。しかし、新入部員と卒業生の追いコンに関しては今も恒例行事は続いているようで安心しました。私が言うのもなんですが一種の社会勉強としてずっと継続していくべきかと思います。